2010年04月01日

サントリー音楽賞に大野和士氏(時事通信)

 第41回サントリー音楽賞(サントリー芸術財団主催)は31日、指揮者の大野和士氏(50)に決まった。賞金700万円。第9回佐治敬三賞(同主催)には公演「クロノイ・プロトイ第5回作品展〜弦楽四重奏の可能性」が選ばれた。賞金200万円。 

【関連ニュース】
詩歌文学館賞に有田忠郎さんら
木村伊兵衛写真賞に高木こずえさん
H氏賞に田原氏
吉川英治文学賞に重松清氏
中原中也賞に文月悠光さん

明石歩道橋事故 検察官役の指定弁護士が遺族と面会(産経新聞)
愛子さまを市民ら歓迎=皇太子ご一家、静養で長野に(時事通信)
「TOKYO1週間」「KANSAI1週間」休刊、講談社(産経新聞)
足利事件再審で菅家さんに無罪判決…宇都宮地裁(読売新聞)
ブルーコート、仮想化環境向けのWAN高速化ソフトを発売
posted by アオシマ マサノリ at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

放鳥トキ、産卵か=確認できれば初めて−環境省(時事通信)

 新潟県佐渡島で国の天然記念物トキの野生復帰を目指し、2008年から放鳥された30羽(1羽死亡、1羽保護)のうち、1組のペアが同島南部に巣を作り、産卵した可能性の高いことが29日、分かった。環境省によると、産卵が確認されれば、放鳥トキが自然界で産卵した初めてのケースになるという。
 同省によると、このペアは08年秋に放たれた3歳雄と、09年秋に放たれた1歳雌。今月17日ごろから、枝を運んで営巣する姿や求愛行動が確認されていた。28日からは、雌雄が交代して巣に座り込む産卵時の特徴が見られ、産卵の可能性が高いという。
 同省は、神経質な繁殖期のトキに配慮して、職員が約150メートル離れた地点から観察しているため、卵の存在は確認できていないが、産卵していれば、約1カ月後にふ化する見通し。
 放鳥トキでは、島内でほかに2組の営巣が確認されているが、産卵の兆候はないという。 

【関連ニュース】
放鳥トキ、新たに1組営巣=佐渡
トキ、290キロ離れた福井に=放鳥以来最も遠く
トキ2羽、本州と佐渡往来=新潟
放鳥トキ2組が営巣=初確認、繁殖に期待
トキ検証委、4月に結論=小沢環境相

三重のビジネスホテルに強盗、100万円奪う(読売新聞)
福島党首「グアム移設時間かかる」主張を軟化(読売新聞)
谷町線で保守中ケーブル切断 15万人影響(産経新聞)
広島市、五輪招致断念? 関連予算を削除案、可決も(産経新聞)
「進退考えていない」=鳩山首相(時事通信)
posted by アオシマ マサノリ at 13:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

旭山動物園を全国一に…小菅名誉園長退任へ(読売新聞)

 北海道旭川市・旭山動物園の名誉園長小菅正夫さん(61)が今月末で退任することになった。

 小菅さんは「肩書のない自由な立場で動物たちを見ていきたい」と世界中の動物を見てまわる計画を立てている。

 小菅さんは1973年、同園に獣医師として着任。来園者が減少傾向にあった95年、園長に就任した。翌96年度の入場者はわずか約26万人で、開園以来、最低を記録した。

 小菅さんは、動物の野生本来の姿を見せる「行動展示」や飼育員が説明を加える「ワンポイントガイド」などを意欲的に実施。水槽内にトンネルを作り、ペンギンが空を飛ぶように見える「ぺんぎん館」、アザラシが円柱水槽を泳ぎ抜ける姿を見せる「あざらし館」など人気施設を新設した。

 結果、2004年7、8月には入場者が東京・上野動物園を上回り、初めて全国1位になった。年間の入場者数も06、07年度には300万人を突破した。

 昨年3月末に園長を定年退職し、非常勤の名誉園長として園を見守ってきた。

 思い出すのは、動物のことばかり。妊娠中毒症で2回死産したチンパンジーが子どもを産んだ。「あの時は感動したよ」と振り返る。

 退任後の夢も膨らむ。小菅さんは「野生のホッキョクグマを見たい。モンゴルでオオカミも見たいし、スマトラにゾウを見にいきたい」と目を輝かせた。

政権に一層の打撃=小林議員進退、再燃も(時事通信)
東大阪の消防署で防火衣盗まれる 昨年も被害、防犯センサー戻し忘れ(産経新聞)
郵政改革案「世界に笑われる」=自民・大島氏(時事通信)
<障害者雇用>法定雇用率を大幅に下回った7社を公表(毎日新聞)
「女性とは6年交際」=週刊誌報道で陳謝−中井公安委員長(時事通信)
posted by アオシマ マサノリ at 14:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。